相続・遺言法務サポート大阪

遺言書の作成について

大阪06-6678-6595帝塚山あおき行政書士事務所

相続において、遺言書の存在はとても重要です。

こんな場合は、遺言書を書いておいた方が良い!

○ 夫あるいは妻に多くを残したいとき

○ 子供がなく兄弟姉妹とも疎遠な関係にあるとき

○ 相続人以外にも何かを残してあげたいとき

○ 法律とは違う相続分の割合にしたいとき

○ 商売などに関わるものを特定の人に譲りたいとき

○ 不動産などの相続財産を簡単に名義変更できるようにしたいとき

○ 死後に財産を寄付したいとき

以上は一例ですが、これらのような場合、遺言書があるかないかで大きな違いがあります。

法律的に無効な遺言書が多い現実

遺言は民法に定められた要式行為なので、好き勝手な方法で残してしまうと、無効になってしまいます。

きちんと法律に則したものなのかどうか、内容を精査することが大切です。そうでないと、やっかい事だけが残る迷惑な話に・・・

トラブルにならない遺言書作りが大切です!

遺言書は、定められた要式に則していれば、好きな内容にしていただいてかまいません。

しかし、それを読む人、それに関係のある人の立場にたって内容を考えることは、後のトラブルを防ぐ意味でも重要です。

人生最後の意志表示です。周りに配慮した心ある遺言書を作りませんか。

遺言書作成のお申し込みはこちら

大阪06-6678-6595帝塚山あおき行政書士事務所