相続・遺言法務サポート大阪

相続財産

相続・遺言のご相談は大阪06-6678-6595

相続のことを話し合うにしても、まずはその財産のことを知る必要があります。

民法第896条

「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を継承する。但し、被相続人の一身に専属したものは、この限りではない」

相続財産とは?

「被相続人の財産に属した一切の権利義務」には、以下のようなものが代表的な相続財産としてあります。

・ 土地、建物、田畑、山林、立木などの不動産の所有権

・ 現金、貴金属、車、家財、書画骨董などの動産の所有権

・ 預貯金、有価証券(株式、国債、社債、手形など)、貸付金などの金銭債権

・ 賃貸借権、損害賠償請求権

・ 借金などの負債

相続財産でないもの

上記の条文にあるとおり「被相続人の一身に専属したもの」は含まれません。

契約上の例外はありますが、原則その人の個性や信頼の上に成り立っているような契約、例えば、雇用契約や委任契約などその人でないと成立しないようなものは相続財産に含めません。

また、生活保護受給権、扶養請求権などもその人の存在を前提としているので相続はされません。

あと、特別なものとして、祭祀財産であるお墓や仏壇や位牌などがありますが、これは祭祀継承者が引継ぎますので相続財産とは区別されます。

最後に、よく取り沙汰される生命保険についてですが、被相続人が亡くなった時に支払われる保険金は、保険契約から生じる受取人固有の権利とされるますので相続財産には含まれません。