相続・遺言法務サポート大阪

特別受益と寄与分

相続・遺言のご相談は大阪06-6678-6595

遺産分割において、特別受益と寄与分は共同相続人の間の平等を図るものです。

特別受益とは?

相続人の中に、被相続人から生前に結婚資金や留学費用、住宅資金などを「特別」に援助してもらったというような場合、あるいは遺言書などでほかの相続人くらべて「特別」に多くの財産を譲り受けたような場合は、特別受益として相続人の間で実質的平等を図ることがあり、これを「特別受益の持戻し」といいます。

なお、特別受益とされるには他の相続人にくらべて突出した「特別」の受益がないといけないので、通常の結婚費用や一人だけ大学の学費を出してもらったいう程度のことでは認められないかもしれません。

また、名目は違えどほかの相続人も多少の援助を受けている場合が多々ありますので、それだけが「特別」だと言えるものであるかどうかよく考えてみる必要があります。

寄与分とは?

相続人の中に、被相続人の仕事を手伝うなどしてその財産形成に貢献した者がいる場合、あるいは老後の世話や療養看護に「特別」な貢献をした者がいる場合に、相続人の間にある不公平の是正が必要になることがあります。

例えば、親と一緒にお店を切り盛りしてきた長男が、お店の経営に関与していない次男から相続の分割請求をされるとお店が維持できなくなるかもしれません。なにより長男が寄与してきた分まで分割に含まれることに、長男は納得できないでしょう。

また、自分の生活や人生を犠牲にして親の面倒をみてきた者が、これまで何ら負担することのなかった兄弟姉妹が相続の時だけ権利を主張することに対して、不満を持つのは当然かもしれません。

このように「特別」な負担、「特別」な犠牲を強いられた者が受けることのできる利益を寄与分といいます。

やはりこれも特別受益と同様に、「特別」でないといけませんので、扶養関係にある家族としての通常の家業の手伝いや、通常の身の回りの世話ぐらいでは認められないかもしれません。

特別受益と寄与分の計算

「特別受益の持戻し」は、相続開始時の財産にそれらの特別受益分を“加えて”各相続分の計算し(みなし相続財産)、そこからさらに各受益分を“減じて”最終的な相続分を算出します。

一方「寄与分」の計算は、相続開始時の財産にそれらの寄与分を“減じて”各相続分の計算し(みなし相続財産)、そこからさらに各寄与分を“加えて”最終的な相続分を算出します。

また「特別受益」と「寄与分」どちらもある場合は併せて計算します。

そして、このことについての話し合いは共同相続人全員で行い、もし協議がまとまらない場合は家庭裁判所に調停を申し立てることになります。