相続・遺言法務サポート大阪

相続放棄

相続・遺言のご相談は大阪06-6678-6595

遺産はそのまま相続するか、放棄するか、プラス財産だけ相続するか、いずれかを選択しないといけません。

相続放棄とは?

相続放棄とは「遺産を受け取らない」と意思表示することです。

もちろん、他の相続人に広言するだけではいけません。
相続放棄をするためには、相続の開始を知ったときから「3ヶ月以内」に、家庭裁判所へ相続放棄申述書を提出しなければなりません。
申述に問題がなければ「はじめから相続人でなかった者」となります。

もし、3ヶ月以内で放棄するかどうかの判断が難しい場合は、その期間の伸長を申し立てることもできます。

ちなみに、この相続放棄の申述は相続の開始前(被相続人が生きているとき)にすることはできません。

限定承認とは?

相続財産には借金などの負債も含まれますので、場合によっては思わぬ負の財産を背負い込んでしまうことも考えられます。

そこで、プラスの財産の範囲内で借金などの債務を弁済し、それでもなお財産が残る場合のみ相続をするという方法が限定承認です。

相続人全員(相続放棄した者を除く)で、相続の開始を知ったときから「3ヶ月以内」に家庭裁判所へ申し立てを行います。そして、債権者等に知らしめるため公告(官報に掲載)を行い、その後清算手続きに移ります。

相続財産に手をつけてしまうと・・・

相続人は、相続の開始から一定期間を経過した場合や、お金を引き出すなどして遺産を処分してしまった場合、相続財産を相続したものとみなされます(単純承認)。

単純承認をすると、借金などの負債も相続したことになりますので注意が必要です。