相続・遺言法務サポート大阪

法定相続人と相続分

相続・遺言のご相談は大阪06-6678-6595

相続にはどのような順位があって誰が相続人になるのか?またその相続割合はどうなるのか?

法律で定められた相続人とは?

民法には、相続人となる者とその順位が定められています。

まずは、お亡くなりなった方(被相続人)の子です。いない場合は被相続人の親、親がいない場合は兄弟姉妹という順位です。

配偶者は常に相続人となり、他の相続人と同順位となります。

なお、子の場合、養子も養子に出した子(特別養子を除く)も相続人になり、婚外子(非嫡出子)も認知されていれば父親の相続人です。

ちなみに内縁の夫や妻は、相続できる場合があるかどうかは別にして、民法(第890条)にある法定相続人ではありません。

代襲相続(だいしゅうそうぞく)とは?

お亡くなりなった方に子があれば第一順位は子ですが、先に子が亡くなっている場合もありますので、その時はすぐに第二順位の者に相続権が移るというわけではなく、その子に子がいれば、つまり被相続人の孫がいればその者が相続人となり、これを代襲相続といいます。

代襲相続は直系の卑属(下の世代)がある限り続きます。但し、相続が第三順位の兄弟姉妹である場合は、その代襲は兄弟姉妹の子、つまり甥っ子姪っ子までとなります。

なお、代襲相続の原因は死亡だけでなく、相続人の廃除(※1)や相続欠格(※2)の場合も適用されますが、相続人が「相続放棄」をした場合は適用されません。

※1 非行等があり家庭裁判所の手続きで相続する資格を失った者
※2 相続関係者の生命を脅かすなど著しい非行があった者、遺言内容を侵害した者など。

法律で定められた相続分とは?

子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は各2分の1です。

配偶者及び直系尊属(被相続人の親など)が相続人であるときは、配偶者の相続分は3分の2で、直系尊属の相続分は3分の1です。

配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は4分の3で、兄弟姉妹の相続分は4分の1です。

なお、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は相等しいものとし、婚外子(非嫡出子)の場合も他の子(嫡出子)と等しい相続分とされます(※3)。

※3 民法の一部改正 平成25年9月25日以降の相続分では等しい。